2012年6月
    7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オウプナーズ クルマ編集部/OPENERS CAR Editors
From OPENERS CAR Editors

日々、クルマニュースの配信や、試乗に追われるOPENERS CARカテゴリー編集部員たちが、記事からこぼれてしまった情報や、気になった話題、あるいはページができるまでの裏側を語らうCARページの番外地。






月別アーカイブ: 6月 2012

Volkswagen Golf Blue e-motion|フォルクスワーゲン ゴルフ ブルーe-モーション

S ゴルフのEV(電気自動車)に乗りましたね。これはよかった。

H 後席に乗ってもいい意味で、ただのゴルフ。EVであることを感じさせない。エアコンを消したほうが電費がいいっていうのはEVらしかったけど。

S 運転してみても、普通にゴルフでびっくりしました。リーフのEVらしさとは全然ちがう。それにしても、回生ブレーキのセレクターが多い! パドルで3段階、セレクターで3段階、シフトで2段階だから、12パターンあるのかな? もうゲームだよね。

H 下が重くてねじれないイメージ。分厚い鉄板の上に座ってるって感じですね。突き上げはやや大きい。重さでいうと、一番軽いゴルフが1,270kgだから、今回乗ったEVゴルフは1,545kgで300kg弱重い。

S まぁでもこれはあくまでプロトタイプだからね。キチンと製品化されるまでに、まだまだ熟成されるでしょう。

H けれど、現段階で日本のナンバーをとってたのは驚きだったね。フォルクスワーゲンの本気を感じた。

O フォルクスワーゲンは低燃費車の開発もやってますよね?

S それをやっていた人がこのEVの研究開発もやっているみたい。僕がいちばんすごいとおもったのは、その人が、いまはまだEVがエコじゃないって言ってたこと。だってここまでEVゴルフが素晴らしいと、当然のように、でもじゃあ普通のゴルフでいいじゃない? っていまはなる。フォルクスワーゲンの話では現状だと電気がどこからくるのか、発電のことを考えればEVは213g/kmのCO2を排出するんだし。ゴルフGTIでもCO2排出量は170g/kmなわけです。そこで、それにたいする回答として、発電のインフラまでフォルクスワーゲンは考えていて、それを実現してこそ、近、中距離用のクルマとしてEVがゼロ・エミッションに近づくって、そういうところまで見通したうえで、いまこのゴルフのEVってところに、フォルクスワーゲン グループの大きさと誠実さを感じた。

O: 自動車メーカーが電気自動車をつくる……ってだけじゃなくて、その電気自動車を走らせるための電気をつくる発電所まで整備しようっていう発想はほかのメーカーにはちょっとなさそうですよね。スケールがちがう!

H このEVゴルフに乗ると、EVだろうがなんだろうが、クルマをつくれるのはクルマ屋っていう説得力がある。人がクルマに求めるのはクルマであって、家電じゃない。そういう認識があるんだろうね。

 

つづく

 

⇒ OPNERES フォルクスワーゲン ゴルフ ブルーe-モーション 記事へ

⇒ Gallery|Car Editors Blog フォルクスワーゲン ゴルフ ブルーe-モーション

 


 

 


カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。